CLOSE

喉に不安のある方へ のど内視鏡(経鼻内視鏡)

火曜日は朝活!
恵佑会第2病院では、ビジネスマンの方の出勤前に!忙しい方々の時間を有効に!そんな思いから朝の「のど内視鏡」を行っております。

のど内視鏡(経鼻内視鏡)ってなに?

のどがつかえる。喉に違和感がある。のどが痛い。もしかしたら消化器に原因があるかもしれません。
どこの科を受診しようか迷っている方、「のど内視鏡」(経鼻内視鏡)で消化器の検査をしてみませんか。


こんな症状で悩んでいませんか

喉に違和感やつかえ、痛みもあり検査をしたいのですが、どこの科を受診してよいのかわからない。
そのようなことで悩んでいる方はいませんか。

逆流性食道炎かも

のどのつかえや違和感の症状があった場合、「逆流性食道炎」の可能性があります。
近年、若い人でも「逆流性食道炎」を発症する人が増えてきています。

「逆流性食道炎」は、胃から胃酸が逆流することにより食道の部分に炎症が起きる疾患です。
胸やけ、胸の締め付け、胸の痛み、げっぷの回数が増える等の症状の他、 逆流した胃酸により、のどに炎症が起きて、つかえや痛みなどの違和感を生じることがあります。

  • 胃酸が逆流する原因

食道と胃のつなぎめにあたる下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)が、胃液の逆流を防いでいるのですが、 筋肉の老化にともない逆流が防げなくなり、胃の中のものが食道に逆戻りしてしまいます。

  • 増えてきたのはなぜ?

過食や食生活の変化にともない高脂肪食、高タンパク食による下部食道括約筋の機能低下、肥満などで若い人にも「逆流性食道炎」が増えてきています。

のど内視鏡

消化器内科で「のど内視鏡」どういうこと?不思議ですよね。どういう検査なのか?どういう方法なのか?紹介いたします。


「のど内視鏡」は食道・胃・十二指腸を検査する鼻からの胃カメラです。
胃カメラなのになぜ "のど" と言うのか・・・。
それは、特殊な手法で、咽頭の観察をしながら食道・胃・十二指腸を検査するからです。
この方法で検査することによって、広範囲の観察が可能となっています。


気になる方は診察を受けましょう

のどがなんか変!気になる方は「のど内視鏡」してみませんか。

のど内視鏡(経鼻内視鏡)予約
TOPにもどる